小売/ E コマース

自社ブランドに対する攻撃を早期に特定し、ネット詐欺を遮断し、顧客・消費者・閲覧者を保護する

ハッカー達の攻撃ターゲットは、企業内や従業員にとどまりません。 オンラインショッピングのテクノロジや顧客リワードプログラムが新しい攻撃方法を生み出しており、サイバー犯罪者達はこれらを使用し、企業にとって最も貴重な資産である顧客・消費者・閲覧者をターゲットに攻撃してきます。小売/E コマース業界は、自社と顧客・消費者・閲覧者を適切に保護するために、新しいネット詐欺や自社ブランドを狙った外部からのハッカー攻撃を可視化する必要があります。見えない攻撃者(敵)を知る、現状を理解する、ゴールを設定し達成するための対策を打つことが大切です。

標的型攻撃の検知と緩和

組織独自のデジタル資産に基づいて調整された、実用的なインテリジェンスを活用することで、属する業界や組織のデジタルオペレーションを直接狙う攻撃を早期に特定し、ブロックやテイクダウンで削除を実行できます。

脅威の検知と緩和

ネット詐欺を行う攻撃者に打ち勝ち、自社ブランドや企業価値を守る

サーフェスウェブ/ディープウェブ/ダークウェブを監視して、ギフトカードジェネレーター、盗品の販売、ブランドの偽装などの一般的な小売りのネット詐欺を検出し、不正の試みを緩和します。

小売業界でネット詐欺を行う攻撃者に打ち勝ち、自社ブランドや企業価値を守る

自社ブランドを保護し、顧客・消費者・閲覧者を守る

アカウント乗っ取り (ATO) キャンペーン、ブランド偽装、著作権侵害を監視することにより、商標を保護し、テイクダウンでサイトを削除し、顧客・消費者・閲覧者を守ります。