石油/ガス

標的型攻撃を特定し、産業用制御システム(SCADA)を保護し、機密データの漏洩を防止する

石油/ガス企業ではデジタル化が進み、これまでになかった新しいニーズが生じていることから、新たなサイバー脅威にさらされています。広大なインフラストラクチャに新しいインターネット接続デバイスが組み込まれる中、石油/ガス企業には、これらの新しいテクノロジーの導入に伴って高まるリスクを抑制することが求められています。

標的型攻撃の検知と緩和

組織独自のデジタル資産に基づいて調整された、実用的なインテリジェンスを活用することで、属する業界や組織のデジタルオペレーションを直接狙う攻撃を特定し、ブロックやテイクダウンを早期に実行できます。

脅威の検知と緩和

漏洩した機微なデータの特定

ダークウェブを含むディープウェブを監視することで、クレデンシャルや機密文書の漏洩、独自の産業基盤や設計のリスクを早期に特定できます。

石油/ガス業界で機密データの漏洩を特定

産業用制御システム(SCADA)を狙う攻撃を検出

産業用制御システム(SCADA)を狙う新しいマルウェアキット、OT のエクスプロイト、攻撃の初期の兆候を早期に特定します。ハッカー同士のチャットを監視することで、脆弱性を優先順位付けして遮断し、攻撃を防ぎます。

産業分野のエクスプロイト