製造業

標的型攻撃の早期特定により、製造機器を保護し、機密データの漏洩を防止する

メーカーは、サプライチェーン、生産ライン、そして工場全体を運営するために、ネットワークを接続し、OT 環境と ICT 環境を統合し、IIoT (Industrial IoT) のセンサーデータやマシン間の通信を使用しています。 このような自動化と接続性により効率は大きく向上しますが、これによって攻撃対象領域も大幅に拡大することになり、新たなリスクを管理する必要が生じます。

標的型攻撃の検知と緩和

組織独自のデジタル資産に基づいて調整された、実用的なインテリジェンスを活用することで、属する業界や組織のデジタルオペレーションを直接狙う攻撃を早期に特定し、ブロックやテイクダウンで削除を実行できます。

脅威の検知と緩和

製造機器を狙う攻撃を検出

製造現場の機器や OT 機器を狙う新たなマルウェアキットやエクスプロイトを特定します。ハッカー同士のチャットを監視することで、脆弱性を優先順位付けして遮断し、攻撃を防ぎます。

メーカーの機密文書の漏洩

デジタル資産の漏洩を特定

ディープウェブやダークウェブを監視することで、クレデンシャルや機密文書の漏洩、デジタル資産のリスクを早期に特定・検証できます。

製造機器に対する攻撃