IOC の強化

IOC フィードの集約とコンテキスト化

侵害の痕跡 (IOC) により、差し迫った攻撃、ネットワーク侵害、マルウェア感染を把握できます。セキュリティチームにとっては、大量の戦術的脅威データの中から IOC の「小さな兆候」をいかに選り分けるかが課題となります。IntSights を役立てることで、チームに大きな負荷をかけずに IOC の管理を運用化できます。

IOC フィードのコンテキスト化

IOC フィードをデジタル資産と既知の悪意のあるインジケーターに相関させることで、IOC のインテリジェンスを強化できます。これによりチームは豊富なコンテキストを利用できるようになり、SecOps とデータ収集を合理化できます。

IOC フィードのコンテキスト化

悪意のあるインジケーターの優先順位付け

データフィードとインテリジェンスのソースを集中化・合理化します。アラートの重複を削減し、ブロック/修正/共有する必要のある重要 IOC を優先させることができます。データが大量にあっても、作業が増えるわけではありません。

悪意のあるインジケーターの優先順位付け

ゲートウェイでの IOC の監視とブロックを自動化

ファイアウォール、EDR ソリューション、電子メールゲートウェイは、境界を保護する上でそれぞれ役割を果たします。IntSights は、IOC の監視/ブロックのプロセスを統合して自動化し、ゲートウェイ・セキュリティを最新に保持します。

ゲートウェイ・セキュリティの強化