医療/製薬

患者の医療情報 (PHI) を保護し、医療機器の新しいエクスプロイトを早期に特定し、運用にもたらす被害を防ぎます

※エクスプロイトは、PCやスマホのOSやソフトウェア、アプリなどが持つ脆弱性を悪用して攻撃を加えるツールキットや不正プログラムで、持ち主に被害をもたらします。

医療機関において、患者の 医療情報(PHI) 漏洩に関わるネット被害は常にサイバーセキュリティの最重要課題となっています。医療機関の攻撃対象領域はネット利用の活用によって拡大しており、これに乗じてハッカー達は、より高度で検知の難しい攻撃を仕掛けてきます。ハッカー達は、ネットワークに侵入するために ウェブに接続する医療機器を狙うだけでなく、個人情報へのアクセスと窃取の手段として、関連機関や取引先、従業員、患者も狙っています。

標的型攻撃の検知と緩和

組織独自のデジタル資産に基づいて調整された、実用的なインテリジェンスを活用することで、属する業界や組織のデジタルオペレーションを直接狙う攻撃を特定し、ブロックやテイクダウンを実行できます。

脅威の検知と緩和

医療記録/患者データの漏洩を早期に特定

ダークウェブやディープウェブの可視性を獲得することで、漏洩したデータベースを特定し、データサンプルを入手・検証し、ネットワークの脆弱な要素を遮断し、HIPAA コンプライアンス要件をサポートできます。

医療記録/患者データの漏洩を早期に特定

医療機器を狙う攻撃を検出

ウェブに接続する医療機器を狙う新しい攻撃を特定し、ハッカー同士のチャットを監視することで、脆弱性を優先順位付けして ウェブに接続する機器を保護します。

医療機器に対する攻撃