銀行/金融サービス

標的型攻撃を早期に特定し、ネット詐欺を抑制し、顧客・消費者・従業員を守り、機密データを保護する

ネット詐欺における攻撃者達の最大のターゲットは銀行/金融サービスです。

ソーシャルエンジニアリングの新しいスキーム、執拗な詐欺戦略、ブランドの偽装に直面する金融組織にとっては、収益の増加を阻みブランドの評判 (レピュテーション) を損なうハッカー集団の攻撃と脅威から守るため、外部攻撃を早期に特定する脅威インテリジェンスの活用が不可欠です。

※ソーシャルエンジニアリングは最もアナログな攻撃・不正アクセス方法で技術的な知識は必要ない、オレオレ詐欺手法です。悪意ある犯罪者が善良な人々や企業・団体など様々なターゲットを騙したり、陥れます。ネットワークに侵入するために必要なパスワード情報や個人情報、機密データを、インターネットは使わずにリアルな日常から泥棒する詐欺手法です。

 下記はその手法の一部です。

1,身内や上司になりすまして電話でパスワードを聞き出す

2.身内や上司になりすましてメールで個人情報を緊急に聞き出す

3.携帯やPCを覗き見する

4.企業のオフィス内のデスク上やゴミ箱、または個人宅のゴミ箱から盗む

5.他人から渡されたUSBメモリを接続して感染する

6.ポストの郵便物を盗んで個人情報データを収集する

標的型攻撃の検知と緩和

企業のデジタル資産が悪用されていないかを調査するために設計された脅威インテリジェンスを活用することで、個々の企業や業界特有のデジタル業務のプロセスを狙う攻撃を早期に特定し、ブロックやテイクダウンで削除を実行できます。

標的型攻撃の検知と緩和

銀行/金融サービスのネット詐欺被害件数・被害額を削減

サーフェスウェブ/ディープウェブ/ダークウェブを監視して、BIN/口座番号/SWIFT コードの漏洩や金融詐欺を検出し、攻撃発生元(敵)で不正キャンペーンの早期特定と脅威緩和を実行します。

銀行/金融サービスのネット詐欺被害件数・被害額を削減

顧客と企業ブランドの評判や風評を保護

顧客の個人情報や預金がネット詐欺に引っかかって盗まれないように、顧客を標的にした攻撃を早期に特定しテイクダウンで削除して被害を最小限に抑えます。

消費者を保護