デジタル・フットプリントの可視化

ハッカーが攻撃する前に、どの様に攻撃してくるかを偵察して見つけ出して報告します。

デジタルフットプリントの可視化は、デジタルアセットをマッピングすることにより、攻撃状況の全体像を提供することが可能です。 このインベントリ(接続機器の機種や機器が持つデータ、MACアドレス、IPアドレス、利用履歴などの多くの情報)により、新しい脅威が組織にどのように影響するかを理解することができます。

セキュリティ体制の弱点を特定します。

オープンポート、脆弱性、公開されたデータベースのスカウトなど、一般的なサイバー攻撃の戦術を模倣することで、セキュリティ体制の弱点を特定して、悪用される前に緩和します。

ID Weakness in Security Posture

ダイナミック・アセット・インベントリを維持します。

アセット・マッピングの実績のあるフレームワークを活用して、進化するデジタルフットプリントを作成し追跡します。 新しい潜在的な攻撃ベクトルを特定し、どこにさらされているかを可視化します。

Maintain a Dynamic Asset Inventory

テーラード・インテリジェンスで調査します。

脅威アクターのインテリジェンスを独自のデジタルフットプリントに自動的に関連付けます。 組織、従業員、ブランド、顧客に直接的なリスクをもたらす関係の強い脅威データを表示します。無関係なデータは最小限に抑えます。

Tailor Intelligence