プロアクティブなコンプライアンス/リスク管理

外部脅威インテリジェンスでコンプライアンスを強化

GDPR、PCI、SOX、CCPA、HIPAA、MASをはじめとする多くのコンプライアンス関連規制を受けて、組織はビジネスデータと顧客データの保護のためにセキュリティと監査を確立する必要があります。外部脅威インテリジェンスは、組織のセキュリティ・ゲートウェイ外の脅威を継続的に監視することで、コンプライアンスの実現とリスク管理で重要な役割を果たします。

セキュリティ・ゲートウェイを越えた脅威の継続的な監視

サーフェスウェブや、ディープウェブを含むダークウェブを継続的に監視し、個人情報、顧客データベース、侵害されたクレデンシャルなどを含む潜在的な漏洩を検出します。

セキュリティ・ゲートウェイを越えた脅威の継続的な監視

アラートと自動化

規制により、組織はセキュリティチームやマネジメントにデータ侵害や IOC のアラートを提供するためのポリシーと手順を実装する必要があります。自動化によって、セキュリティとコンプライアンスの両方の態勢を強化できます。

アラートの自動化

実践的なコンプライアンス対策

ペーストサイト、ドキュメントのダンプ、ダークウェブでのハッカー同士のやりとりから収集された外部脅威インテリジェンスに基づいて、IOC を調査し、侵害を修復します。

実践的なコンプライアンス対策

採用企業からの評価

対策はプロアクティブでなければなりません。当社の既存セキュリティデバイスすべてと統合できる点は特に素晴らしいと思います。ドメインの登録や MX レコードが発生すれば対処できます。これは、他のプラットフォームにはない機能です。

ポール・ヴァレンティ 氏

Panasonic Avionics Corporation( 航空機向けの電子機器設備の開発) 、IT セキュリティ/ガバナンス担当マネージャー