企業ブランド/商品ブランドの保護

商品ブランドへの脅威を徹底的に阻止して企業価値を維持する

サイバー犯罪者達が企業ブランドや商品ブランドを悪用すると、ソーシャルメディア・アカウントのなりすまし、不正モバイルアプリの開発、盗品や偽造品の販売、ブランドの乗っ取りによる多くのネット詐欺が発生し、ブランドを所有する企業に甚大な影響が及びます。高い価値を持つ商標/ロゴ/商品ポートフォリオを保護するには、企業ブランドや商品ブランドが直面するこれらの外部の脅威に対する可視化と制御が不可欠です。

※サイバー犯罪者達は、会社名、製品名やブランドに高い関心を持っています。企業ブランドをデジタルの世界へと拡張することで、ビジネスには大きな利益がもたらされましたが、その一方で新しいリスクと攻撃手法ももたらされています。ブランドのなりすましは、顧客フィッシングの初期段階であり、それが重大な被害を引き起こすことがあります。

不正アプリやオンライン詐欺サイトのテイクダウン

偽のモバイルアプリ、模造品詐欺、企業や商品ブランドの悪用、偽情報の拡散、デジタル知的財産の漏洩といった、ブランドに対する外部脅威の検知/優先順位付け/テイクダウンを、サーフェスウェブ/ディープウェブ/ダークウェブにわたって自動的に実行します。

不正アプリのテイクダウン

企業ブランド/商品ブランドの価値や評価に対する脅威を阻止

継続的な風評リスクモニタリングやセンチメント分析を活用して、ネガティブキャンペーン、偽情報の拡散、偽装の試みなど、ブランドの価値や評判に対する脅威を特定します。

※センチメント分析とは消費者や閲覧者がウェブ上に投稿したコメントなどを分析することによって、ネガティブな感情の度合い、ポジティブな感情の度合いを確認する手段です。商品の評価などは、商品名から検索し、注目度、話題性、コメントから満足度や評価を把握して分析します。

企業ブランドや商品ブランドの評判を傷つける脅威を阻止

ブランドのなりすましから消費者や閲覧者を保護

ハッカー達のターゲットは、ブランドを所有する企業だけではありません。ブランドのなりすましによってハッカー達は企業サイトの消費者や閲覧者にアプローチし、消費者や閲覧者のパソコンに保存されているデータを盗み出します。消費者や閲覧者を守るには、ブランド乗っ取りの試みを早期に検出してテイクダウンし、サイトを排除する必要があります。

消費者を保護