ブロックとブラックリスト化

既存のセキュリティインフラストラクチャを外部脅威インテリジェンスで増強

多層防御は、あらゆる業種で広く受け入れられているベストプラクティスです。その一方で、サイバー攻撃の被害を実際に受ける事例は増え続けています。セキュリティインフラストラクチャを最新の状態に保持することは不可欠です。また、外部脅威インテリジェンスを利用することで、脅威を早期に特定して攻撃をプロアクティブにブロックできます。

ゲートウェイ・セキュリティの強化

既存のセキュリティデバイス (ファイアウォール、エンドポイントソリューション、電子メールゲートウェイ) で新しいサイバー脅威と悪意のあるインジケーターをプロアクティブにブロック/監視し、セキュリティインフラストラクチャを強化して従業員を保護します。

ゲートウェイ・セキュリティの強化

プレイブックのトリガーと応答の自動化

既存の SIEM/SOAR プラットフォームに外部脅威インテリジェンスを統合することで、詳細な調査と先端の脅威応答ワークフローのオーケストレーションを実施できます。

プレイブックのトリガー

チームの負担を軽減

脅威をブロックするプロセス全体を自動化/運用化して、セキュリティチームのリソースの負担を減らし、より戦略的な取り組みに集中できるようにします。

IT セキュリティチームの負担を軽減