Active Directory との統合

侵害されたクレデンシャルを自動的に検証してロックダウン

インターネット上には、莫大な数の漏洩したクレデンシャルが存在します。毎日のように新たな漏洩が発生し、古い情報は闇市場でリサイクルされ再販売されています。クレデンシャルが漏洩している恐れがある場合、即座に特定/検証/ロックダウンして攻撃者による悪用を防止する必要性があることから、組織にとって大きな課題となっています。

クレデンシャルの漏洩をリアルタイムで検証

IntSights のクレデンシャルデータベースと、サーフェスウェブやディープウェブを含むダークウェブの継続的監視により、新旧のクレデンシャルの漏洩を検出します。クレデンシャルが有効であり対応が必要であるかを即座に検証できます。

クレデンシャルの漏洩をリアルタイムで検証

手作業での分析を排除

侵害されたアカウントを有効な従業員リストに照合して手作業でチェックする負担を低減することで、プロセスを合理化して従業員の生産性を高めます。

マンパワーによるアナリストの分析を省いて自動化する

クレデンシャルのリセットプロセスを自動化

クレデンシャルを即座に検証してリセット通知を自動的に送信するために、カスタムのポリシーを構築します。これにより、侵害されたクレデンシャルを効率的にロックダウンしながら、従業員の生産性の低下を最小限に抑えることができます。

クレデンシャルリセットプロセスを自動化