ウェビナー

(ウェビナー)脅威インテリジェンス(TI) を最大に活用する方法


効果的なセキュリティ・アーキテクチャには、組織の脅威の状況に関する洞察が必要です。
しかし、多くのセキュリティチームは、脅威インテリジェンスの取り組みの結果に失望しています。

このオンデマンドウェビナーでは、Rapid7 のシニアプロダクトディレクター、
脅威インテリジェンス Alon Arvatz とゲストスピーカーの Forrester VP 兼リサーチディレクターであるMerrit Maxim が、サイバー脅威インテリジェンスの現在の傾向、脅威インテリジェンスを正しく実行することで実現できるメリット、組織が脅威インテリジェンスを誤って取得する理由について説明します。



本セッションでは、セキュリティチームがサイバー脅威インテリジェンスを組織(SOCを含む)に統合する方法、インシデント対応、エンジニアリング、アーキテクチャ、予算編成、全体的なサイバーセキュリティ戦略の一環としてサイバーリスクを軽減するための計画およびリスク管理機能に関するベストプラクティスも提供します。