調査レポート

2019 年版 SANS サイバー脅威インテリジェンス (CTI) 調査

Cyber Threat Intelligence (CTI) SANS Survey Slideshare

2019年度の調査では、組織によるインテリジェンスの使用方法の多様化とともに、CTI(Cyber Threat Intelligence) の使用と関心の増加が見られました。 CTIの使用は増え続けていますが、万能のアプローチはありません。 組織はさまざまなタイプのCTIを活用して、さまざまなニーズに対応しています。 この調査では、CTIがどのように使用されているか、CTIが防御側にどのように役立っているか、どのデータソースが活用されているか、データが使用可能なインテリジェンスにどのように変換されるかに焦点を当てています。

CTIとはサイバー攻撃の脅威に対し、オープンソース、脆弱性、マルウェアの解析結果、不正なIPおよびドメインなどの膨大な情報を収集・蓄積・分析して、脅威インテリジェンスの対策を行うこと。


調査レポートをダウンロードして、サイバー脅威インテリジェンスの現状について学びましょう!

関連する調査レポート