ウェビナー

漏洩したクレデンシャルをロックダウンしてハッカーの悪用を阻止

Webinar Locking Down Leaked Credentials before they are exploited by hackers

漏洩したクレデンシャル情報から、ハッカーが企業内システムにアクセスして機密データを盗むのは、最も簡単な方法の1つです。 企業はオンラインで漏洩した従業員のクレデンシャル情報を注意深く監視する必要がありますが、この”クレデンシャル漏洩問題”は、膨大なクレデンシャル情報が漏洩し、データベースが公開および交換されているため(Collection#1およびCollection#2-5などだけでも16億個)、非常に困難になっています。 組織は、漏洩したクレデンシャル情報がアクティブであり、企業内システムへのアクセスに使用される可能性があるかどうかを迅速に識別、処理、および検証を行う必要があります。IntSightsのThreat Commandを使うとCollection#1からCollection#5の漏洩情報はもちろんのこと、従業員のクレデンシャル情報が漏洩しているかを確認することが可能です。

このウェビナーでは、次の方法を共有します。


  • 新たに公開および交換されたクレデンシャル情報を監視および識別するためのソース
  • クレデンシャル情報が新しいかリサイクルされているかをすばやく検証する方法
  • ハッカー達が使用する前にクレデンシャル情報を削除する処理を自動的に行う方法(IntSights Remediation機能)

関連のあるリソース