ウェビナー

セキュリティ・ゲートウェイを越えたエンドポイント保護

Integrating External Threat Intelligence Into Your Endpoint Security Suite

効果的なサイバー防御を構築し維持するには、ゲートウェイセキュリティで社内ネットワークを超えた外部の脅威を特定してリスクを軽減する機能が必要です。外部の脅威インテリジェンスをエンドポイント保護と統合することで、新たな脅威のブロックをリアルタイムで自動化できます。サーフェスウェブ、ディープウェブを含むダークウェブのどこかで外部脅威が検出された場合、ブラックリストを更新してデジタル資産を防御するための迅速なアクションを実行できます。

標的型の脅威が、機密データを盗んだり、企業のビジネスを妨害阻止したり、ブランドの評判を損なったりする本格的な攻撃になる前に、迅速に無力化する知識を学びましょう。
このウェビナーをご覧になり、IntSights + Carbon Blackを使用して次のことを実現する方法を理解してください。

  • フィルタリングされていない可視性をプロアクティブに検出し、初期段階での標的型攻撃を可視化
  • 実用的な外部脅威インテリジェンスでエンドポイントのセキュリティ防御を強化
  • 脅威をリアルタイムで調査および管理
  • 外部脅威のブロックとインシデント対応を自動化


スピーカー:

Nick Hayes, VP of Strategy, IntSights
Ryan Fortress, Tech Alliance Engineer, Carbon Black

関連のあるリソース