Threat Third Party (TTP)

サードパーティ向けのサーフェスウェブ、ディープウェブを含むダークウェブ上の脅威インテリジェンス

セキュリティ運用チームは、サードパーティに影響を与えるサーフェスウェブ、ディープウェブを含むダークウェブ上の脅威を理解する必要性をますます高めています。Threat Third Party™(TTP)は、サードパーティが直面するリスクのレベルを特定するために使用できるツールです。 IntSightsのクラス最高の脅威インテリジェンス機能を活用して、セキュリティ専門家は、ダークウェブフォーラムやアクティブな脅威などから収集されたデータに基づいて、サードパーティが直面している脅威をよりよく理解できるようになりました。Threat Third Party(TTP)は、他のサードパーティソリューションを強化するように設計されており、セキュリティチームに追加のデータポイントを提供します。

サードパーティに影響を与えるアクティブな脅威を特定します




Threat Third Party(TTP)は、セキュリティ運用チームに、サードパーティが直面しているサーフェスウェブ、ディープウェブを含むダークウェブ上の脅威を把握できるようにします。

IntSightsは、アクティブな攻撃と新たな脅威ベクトル、および侵害のインジケーター(IOC)を分析して、セキュリティ運用チームがフィッシング攻撃、ブランド侵害、およびエコシステムに影響を与えるデータ漏洩イベントをよりよく理解できるようにします。

サードパーティのリスクをトリアージします


Threat Third Party(TTP)を使用すると、サードパーティが直面している脅威をトリアージし、他のリスク評価ソリューションとともに、外部の脅威プロファイルが高いサードパーティを特定できます。Threat Third Party(TTP)のスコアリングは確定的または確率的ではなく、IntSightsによって収集されたデータに基づいてリスクを評価し、そのデータを他の企業と比較します。
Threat Third Party(TTP)は、セキュリティチームがサードパーティのリスクを総合的に評価できるように設計されています。

業界のベンチマークに基づいてリスクを比較します



すべての脅威が平等に作成されているわけではありません。
Threat Third Party(TTP)はセキュリティレーティングサービスではなく、業界固有の基準でサーフェスウェブ、ディープウェブを含むダークウェブ上の脅威を理解するために活用できる補完的なソリューションです。 金融、保険、小売り等の一部の業界は他の業界よりもターゲットを絞っています。Threat Third Party(TTP)を使用すると、セキュリティ運用チームは、サードパーティが直面する脅威を業界固有の観点からベンチマークできます。狙われているからといって、サードパーティのセキュリティに対する意識や能力が低いというわけではありません。
財務データとPIIデータを管理するサードパーティは、他のサードパーティよりもはるかにターゲットを絞っています。

露出とターゲティング


露出とターゲティングの組み合わせは、リスクの増加と同じです。
Threat Third Party(TTP)により、セキュリティ運用チームはこれらのメトリックスを一緒に理解し、サードパーティのエコシステム全体のセキュリティを向上させる決定を下すことができます。
これはIntSights に固有の重要なデータポイントであり、企業が全体的なサードパーティのリスク管理プログラムと共に、社内のリスク管理チームやサードパーティと協力してリスクをより適切に管理できるようにします。