Threat Command™

外部脅威インテリジェンス収集と組織を狙う脅威の緩和

サイバー攻撃者に対して、優勢に立つことが重要です。外部脅威インテリジェンスを利用すれば、新たなサイバー脅威を早期に特定できます。しかし、組織がどのような影響を受け、いかに迅速に行動できるかを把握しなければ、このインテリジェンスは役立ちません。IntSights Threat Command は、組織とその従業員や顧客を直接狙う外部脅威を検出して緩和します。

資産ベースのインテリジェンス

ノイズを排除し、関連する問題にフォーカスします。IntSights は、組織ごとのブランドやデジタル資産を使用して、組織とその従業員や顧客に直接影響を及ぼす脅威を特定し、コンテキスト化します。

Threat Command の資産ベースのインテリジェンス

統合されたワンクリックの緩和

インテリジェンスをアクションに変え、運用を合理化し、全体的リスクを低減します。ワンクリックの脅威緩和と深いレベルでの統合により、アラート内で応答を直接調整し、脅威緩和プロセスを運用化できます。

Threat Command の統合されたワンクリックの緩和

脅威インテリジェンスアラートをきめ細かに制御

アラートプロファイル機能により、ビジネスに合わせたカスタムの機械学習駆動アルゴリズムを、IntSights のユーザーインターフェイスを使用して容易に構築できます。このソリューションではコードを記述する必要がなく、脅威アナリストとセキュリティ運用担当者は、独自のセキュリティ要件に基づいてアラートのステータスを判断するためのルールセットを作成できます。これにより、ビジネスに関係する重大な脅威を迅速に特定して応答できます。

多次元的な脅威分析

経時的に脅威を追跡・検証でき、豊富なコンテキストを理解できます。IntSights は、攻撃者の思考や行動に基づいて、単一の脅威に関連する複数の入力、変数、インタラクションを相関させます。

多次元的な脅威分析

密かなデータ偵察

ディープウェブやダークウェブなどのインターネットの最も奥深い隠れた場所からインテリジェンスを収集することで、他では決して見つけることのできない脅威を早期に特定できます。IntSights は、広範な言語サポートと24時間365日体制の収集活動により、発生元を問わずあらゆるタイプの脅威を特定します。

Threat Command の密かなデータ偵察