IntSights Extend™ - ブラウザ拡張

全てのブラウザで IntSights プラットフォームにアクセスできる様になりました。

IntSights のブラウザ拡張機能 IntSights Extend™ を使って、全てのブラウザで IntSights プラットフォームにアクセスできるようになりました。

旬のリアルな脅威情報リスクを SOC チームが直ぐに優先順位に沿って対応できるようになります。

今から始めよう!

旬で緊急度が優先順位付けされた脅威情報アラート

記事、ソーシャル・メディア・チャネル、SIEM プラットフォームなど、ウェブ・ベースのリソース内で IOC と脆弱性を直接調査し、対処緊急度の優先順位を付けます。

カーソルの操作で、IOCと CVE を自動的に解析、強化、優先順位付けします。

拡張機能を開く必要はありません。

日本語機能紹介デモの動画 ( 3分20秒) は下記のボタンからどうぞ。

機能紹介動画(日本語)を観る

疑わしいインディケータをブロックする

セキュリティ・スタックを自動的に更新し、ボタンを 1回クリックするだけで、ブラウザ拡張機能から直接、疑わしいインディケータを即座にブロックします。

リスクをアクティブに評価する


脅威インジケータがアクティブかどうかを自動的に検出します。

1回のクリックでアクセス


IntSights Extend に基づくアクティブなリスクから緊急度の優先順位の高いアラートを即座に受信して、ドメイン、URL、IPアドレス、ファイル・ハッシュ、および CVE のアクティブなスクレイピング(収集して利用しやすいように加工したデータ) を拡張します。

さらなる分析への対応


さらなる分析、調査、アクションは、簡単に IntSights ETP ( External Threat Protection) にピボット(指標の変更) が可能です。

現時点での最新(本日)の脅威調査機能を満たすために追加情報については私たちにお問い合わせください


IntSights Extend™の優れた機能
IntSights Extend™は、ドメイン、URL、IPアドレス、ファイルハッシュ、電子メールアドレス、およびCVE情報(共通脆弱性識別子)の包括的な調査を通じて、あらゆるWebベースのアプリケーションからのサイバー脅威インテリジェンス・データをアクティブに解析、強化し、最新の脅威やインテリジェンス・フィードを詳細に表示します。

IntSights Extendは、以下の長所を備えています。

  • リアルタイムでのトリアージ・アラート:ブラウザの拡張機能を開くことなく、詳細情報を“マウスオーバー”して、任意のウェブベースのリソース内で直接IOCと脆弱性を調査し、優先順位を付けることができます。
  • 不審なインジケータをブロック:ネットワーク・セキュリティ・スタックの自動アップデートと、ボタンをクリックするだけで疑わしいインジケータを直ちにブロックすることができます。
  • 企業のリスクを動的に評価:企業の環境内で脅威インジケータが稼働しているか否かを自動的に検出します。
  • シングルクリックでアクセス可能:リスク優先の動的アラートを即座に通知します。
  • さらなる分析が可能:IntSights External Threat Protection (ETP) Suite に容易にピボットして、一層の分析、調査、および対処が可能になります。
IntSights Extend の動画解説動画(日本語字幕付:3分):
https://intsights.wistia.com/medias/kgi0l3sorq


ブラウザ拡張のプラグイン詳細については、英語版データシートをご確認ください。

現在、日本語データシートを作成中です。完成後に速やかにダウンロードできるように

いたします。

ダウンロードはこちらからどうぞ。